不妊症

中医不妊症 漢方の不妊治療を望まれる方へ
―――――――――――――――

今や夫婦10組に1組は不妊症で悩んでいると言われ、しかもそれが増える傾向にあります。

不妊治療をすれば半年から1年で妊娠する人もいますが、長期間にわたり、なかなか子宝に恵まれないケースも多くあります。
不妊症の治療期間は平均で6か月にもおよぶそうですが、近年、飛躍的を遂げた西洋医学に加え、漢方治療も大きな成果をあげています。

中国漢方では、身体本来のリズムとチカラを取り戻しながら、母体自体が妊娠できる力、妊娠を継続させる力の療法を持たせる不妊周期療法があります。

一日も早い、丈夫で元気な赤ちゃんの誕生を私たちは心から祈っております

誠心堂薬局 スタッフ一同

はじめての不妊相談Q&A

Q.来店される方の年齢層を教えてください。

A.20代から40代の方まで幅広い年齢層の方が相談にみられます。
生理不順、月経痛、冷え性に悩む方から、また子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症など婦人科疾患をかかえた方、また病院治療で人工授精、体外受精、顕微授精などART(補助生殖技術)など高度不妊治療を受けられた方までご相談いただいています。漢方薬や鍼灸による治療で女性らしい体作りを応援、体質を整えながら自然な妊娠を支援しています。

Q.どのくらいで効果がでますか?

A.周期療法を行って妊娠した方のうち、1年以内に妊娠したのは8割の実績が
従来の漢方では、病気になる体質自体を体に負担をかけずに改善していく療法なので、確かに少し時間がかかります。
しかし体質に加えて月経リズムに注目した周期療法は、比較的短期間で結果が出るのが特徴。不妊相談実績を見ても半年〜1年服用されることをお勧めします。

Q. 漢方薬を飲んだことがありますが、効果がイマイチ・・・。ふつうの漢方と何が違いますか?

A.その人だけに適した調剤と定期的かつ綿密なフォローアップで結果を出します。
誠心堂の不妊相談では顔色、舌の状態に合わせて現状に最適な調剤を行います。体のケアと精神的な不安、疑問も毎回丁寧にフォロー。1〜2週間のスパンでお薬を作りますのではじめての方でも安心です。

Q.予算はどのくらいですか?

A.ご年齢やお体の状態にもよりますが、周期療法は月に2〜3万円前後からはじめられます。年齢による子宮力、排卵力を高める補腎薬は月6000円〜15000円で組み合わせができます。また、煎じ薬だけでなく手軽に服用できる錠剤、粉薬等もあります。

Q.病院の不妊治療との併用はできますか?

A.不妊治療の専門医も周期療法との併用を積極的にすすめる傾向にあります。
中医学の周期療法は西洋医学の不妊治療と併用されても問題はありません。実際、高度不妊治療において卵胞の力を高める周期療法を積極的にすすめている不妊の専門医も少なくありません。

Q.漢方カウンセリングはどんな流れで行われますか?

A.リラックスした雰囲気の中で、不妊や体の悩みをご相談いただけます。
基礎体温をつけている方は基礎体温表、病院の通院歴のある方は検査結果などを一緒にお持ちください。
初回の相談は1時間ほどのカウンセリングのお時間をいただき、お薬をご希望される方は服薬説明等でさらに30分ほどお時間をいただきます。

Q.漢方薬の安全性について教えてください。

A.漢方の原材料は厳重な安全基準・管理下で生産。製剤時の衛生管理も万全
漢方生薬には日本・中国で生産しますが、日本の医薬品製造管理基準に合致する安全で衛生的な環境で生産・製造されています。そして誠心堂で扱う漢方薬は厚生労働省に申請し、輸入販売許可を得ている医薬品です。安心してご利用ください。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する