高脂血圧

高脂血症(脂質異常症)とは?
―――――――――――――――

高脂血症(脂質異常症)とは、血液中に溶けている脂質の量が異常に増えている状態をいいます。食べ過ぎなどによる過剰な脂質の摂取や、運動不足などにより血液中の脂質が多くなると、余分な脂質が血管壁に取り込まれ、動脈硬化を起こします。

高脂血症(脂質異常症)には総コレステロールが高い「高コレステロール血症」、悪玉コレステロールとよばれるLDLコレステロールが高い「高LDLコレステロール血症」、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低い「低HDLコレステロール血症」、トリグリセライド(中性脂肪)が高い「高トリグリセライド血症」があります。

『高脂血症の診断基準』
2007年4月に、新しく高脂血症(脂質異常症)の診断基準が改訂されました。
従来からの変更点は、悪玉であるLDLコレステロールと善玉であるHDLコレステロールを含む総コレステロールでは、動脈硬化リスクを正確に知る事ができないため、予防や診療の基準にするのをやめた事です。またHDLコレステロールが低い場合もリスクとなるため、従来の「高脂血症」という言い方から「脂質異常症」に変更されました。

高脂血症と動脈硬化の密接な関係
―――――――――――――――

高脂血症の人の血液は、ドロドロ、ネバネバ状態です。
血栓(血液の塊)ができやすく、血管内皮を傷つけ動脈硬化を生じ、凝血作用により脳梗塞、心筋梗塞等を引き起こす起因ともなっています。同時に、抗凝血作用を持った物質の分泌が減少し、血液はさらに固まりやすい状態になっています。また、脂肪の代謝や成分が重要で、低比重リボたんぱく(LDL)と中間型リボたんぱくとも深く関わっています。

どんな人がなりやすい?
―――――――――――――――

遺伝的な要因とともに、血中脂質が高い(中でもLDL)人が第一要因ですが、その他にもいろいろな要因がある事が分かってきました。

[危険因子]
・性別・・・女性より男性の方が危険性が高い
・年齢・・・加齢と共に危険が増す
・血圧の高い低い
・喫煙の有り無し
・糖尿病、痛風など
・ストレス
・運動不足、肥満症

食生活や生活習慣、持病など、日常生活の要素が原因となりうるようです。という事は、生活の改善でかなり防ぐ事ができるとも言えるでしょう。
禁酒・禁煙・体重のコントロールを3本柱に、食生活・ライフスタイルの改善が何より重要となります。

症状
―――――――――――――――

ほとんど自覚症状がなく、大半は血液検査で発見されます。ほとんどの人の場合、高脂血症がすすんでも、それだけでは何の症状も起こりません。放置すると循環器疾患や動脈硬化となるため、早期発見・早期治療を心がける事が大切です。症状が起き、高脂血症や動脈硬化がすすんでいたとわかったときにはもう遅い・・・というケースが大変多いのです。

中医学的見解
高脂血症という病気は中医学の「痰湿」「お血(血の滞り)」に属します。
「痰湿」とは、体内に余分な水分が溜まり、血脂(血漿中のコレステロールや中性脂肪)が高い状態。つまり血管の内壁に粥状のドロドロした血脂が沈着、その結果、血の流れが悪くなったり、滞ってしまう(お血)ものです。

対処法
「痰湿」・・・防風痛聖散
「於血」・・・冠元顆粒
「気虚」・・・補中益気湯
その他、六味地黄丸等、「活血化於薬」「化痰利湿薬」の併用で、血栓の形成や動脈硬化の発症を予防できる事がわかっています。また、動脈硬化における粥状硬化塊が、縮小あるいは消失する事も証明されています。

早めに血脂を改善する薬と活血化於の中成薬を活用し、血栓予防に努める事です。
いずれにしても、検査や診断により自分の身体の状態を知り、中医学に経験の深い専門薬局漢方医と共に、自分自身の生活習慣の不摂生の見直し・改善をする事が、健康な身体を取り戻す一番の近道です。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する