逆流性食道炎

【逆流性食道炎とは?】
―――――――――――――――

逆流性食道炎は、胃液や十二指腸液の逆流によって起こる病気です。

症状
―――――――――――――――

胸やけが主症状です。

胃と食道を守る仕組み
―――――――――――――――

胃液や十二指腸液には、食べ物を消化するための消化酵素が含まれています。
胃には、これらの消化液により傷つけられないよう防御機能が備わっていますが、食道にはそのような防御機能が備わっていないため、胃の消化酵素が食道に逆流しないようになっています。
胃と食道の間には下部食道括約筋という巾着袋の口のような働きをする筋肉があり、食べ物が胃に入るときには、巾着袋の口(下部食道括約筋)がゆるみ、それ以外のときにはしまることによって、食道は消化酵素から守られています。

逆流性食道炎の原因
―――――――――――――――

この下部食道括約筋による防御機能が弱まったり胃酸が増えすぎたりすることで、胃からの消化酵素や胃の内容物が食道内に逆流し、食道粘膜に炎症を起こしてしまいます。
肥満や加齢、また脂肪やタンパク質の多い食事などが逆流性食道炎の原因になるといわれています。

【中医学から見た内的要因】
―――――――――――――――

逆流性食道炎の場合、胃の「受納」と「降」の働きが弱くなり、胃酸が上逆するために起こると考えられています。

飲食物は胃で「受納」され、下へと運ばれ(これを「降」という)、脾の「運化」によって栄養となり、上(各臓腑)へと運ばれています。(これを「昇」といいます。)逆流性食道炎は「昇降」バランスがうまく保たれていない状態です。

一方、肝は疏泄作用により脾胃の昇降の働きを助けています。

ストレスが強すぎたり、肝の処理能力が弱いとこの疏泄作用がうまく働かなくなります。

その結果、脾胃の働きが弱くなり、さまざまな胃腸の病気を引き起こすと考えられています。
ですので、ストレスがたまらないように気をつけましょう。

胃の中に食べ物がある状態で横になると逆流しやすくなりますので、夕食の時間はあまり遅くなりすぎないよう食事の時間に気をつけてください。寝る3時間前までには夕食を済ませておきましょう。

また、食べ物も消化のいいものを食べるように心掛け、脂肪の多い食事や刺激物(香辛料・たまねぎ)は避けるようにしてくださいね。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する