不眠症

不眠とは、満足すべき睡眠がとれないと自覚することです。
睡眠時間が非常に短くても本人が満足していれば不眠ではなく、逆によく眠っているようにみえても本人が不満であれば不眠です。

不眠の原因としては、七情(人間の精神・心理活動のこと)がストレスや抑鬱、びっくりするなど感情の急激な変化によって乱される・過労や過度に怠惰な生活・慢性病による体力の消耗・暴飲暴食など食生活の不節制などが挙げられます。

不眠と主に関係する臓腑は「心・肝・脾」つです。

<心>
中医学でいうところの「心」は西洋医学と同じ血液ポンプとしての役目に加えて、思考・精神作用の中枢とされています。

<肝>
「肝」は大量の血液を貯蔵している臓腑で、「心」とともに血と関係の深い臓腑です。

<脾>
考えすぎたり、心配ごとがあると食欲が減退した記憶はありませんか。考えすぎは「脾臓」の栄養を吸収して血や水分を作り全身に運ぶ機能を失調させるため、気血の生成が少なくなります。

「心」に届く血が不足すると「心神」は養分を失い、不安定状態の不眠が生じます。
気血を産む源である「脾」は「心」に影響を与えるため、心血の不足による不眠の症状が現れます。
情緒失調はこのように「心」・「肝」・「脾」の3臓腑の機能に影響を与え、不眠が生じます。

不眠を解消するには、日頃の食生活もポイントとなります。
春菊やセロリ、セリなどの苦みがある香り野菜は、興奮を抑えて精神を安定させる働きがあります。
また、ミカンやオレンジなどの柑橘類もストレスを和らげ、リフレッシュさせる効果があります。

不眠症は、精神心理的素因や生活環境と関係の深い疾患です。その治療は完全に薬に頼っては難しい場合もあります。

したがって精神面のコントロールや生活環境改善のための養生が大切です。ストレスや暴怒など激しい感情変化を避けて下さい。

気功や呼吸の調節法は、精神活動の安定に有効です。
また、就寝前にタバコや酒、濃い茶、濃いコーヒーなどの飲み物は控え、食事は特に夜食は控え目に。

適度の運動(例えば、散歩、太極拳、気功など)は睡眠によいですが、寝る前の激しい運動はよくないです。寝室の室温や明るさなどの調節も重要です。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する