変形性膝関節症

変形性膝関節症は、関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生、増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患です。
簡単に言えば、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。
明らかな原因のない、一次性関節症とけが、炎症等の後に生じる二次性関節症に分けられます。90%以上は一次性関節症です。

【変形性膝関節症の原因】
―――――――――――――――

変形性膝関節症の発症・悪化要因について多くの研究が行われています。
特に日本人はもともとO脚の傾向があり、膝の内側に、より負担がかかりやすくなるため、日本人の変形性膝関節症はその90%ちかくが膝の内側に、より強い変形が見られます。

【変形性膝関節症の治療】
―――――――――――――――

一度、すり減ってしまった関節軟骨はもとの完全な形に修復されることはありません。したがって、変形性膝関節症の治療は、痛みをとり、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高めることを目指して行われます。
治療方法は、症状の進行度や痛みの程度によって異なりますが、薬物療法、温熱・冷却療法、運動療法つの療法が基本となります。これらの治療でも痛みが緩和されない場合に外科的療法を行います。

『薬物療法』
変形性膝関節症で処方される薬はいろいろありますが、病気そのものを治すためのものではなく、あくまでも対症療法として、炎症を抑え、痛みなどの症状を軽くして回復を助けるためのものです。

『温熱・冷却療法』
関節炎による痛みをやわらげたり、炎症を鎮めるためには、患部を温めたり冷やしたりするのは大変効果的です。一般的に変形性膝関節症のような慢性の疾患の場合は、患部を温める温熱療法が行われ、膝が熱っぽく腫れているような急性の痛みには冷却療法が行われます。
家庭で行える温熱療法には、お風呂に入って患部を温める方法や温湿布やホットパックを使って暖める方法があります。また、日ごろから患部にサポーターを当て冷やさないようにすることも大切です。

『運動療法』
運動療法にはつの目的があります。つ目は症状の緩和です。運動をすることによって血さ行をよくし患部を温めて痛みを軽減せるほか、関節の動きをスムーズにする効果があります。
つ目は病気の根本的な治療です。体を動かすと血流がよくなって、関節部分に栄養がいきわたります。すると、炎症の原因となる老廃物がどんどん排泄されますし、細胞の活動も活発になり病気の進行をとめたり再発を防いだり、さらには治療効果まで期待できるというわけです。

『外科的療法』
上記の治療を行っても、症状の改善が認められない場合には最終手段として外科的療法を行います。
手術をすれば痛みがなくなり、動けるようになります。その結果、活動範囲が広がり生活が明るくなり物事を前向きに考えるようになります。
ただし、手術にはメリットもあればデメリットもあります。患者さんの年齢、体力、どこまでの回復を望んでいるのかなど、すべてのことを総合して、適切な手術を選択します。

【中医学的に見た変形性膝関節症】
―――――――――――――――

中医学には、変形性膝関節症という証はありません。痛み方などの症状や患者さんの体質などによって証を立てていくことになります。
原因としては主に「津液」の障害が考えられます。
津液は、体内にある必要な水分で全身を潤し、関節、靭帯、筋肉に潤いをあたえ、動きを円滑にする作用があります。津液が不足することでも、また流れが悪くなり停滞することでも障害が起こります。
津液に係わりの深い臓器には、「」「」「」があり、協調して生成・運搬・排泄を行なっています。これらの臓腑のどの生理機能が失調しても障害が起こります。
病因には、外因(風・寒・湿・熱・火・暑・燥)という季節や環境によるもの、内因(心理状態)、不内外因(飲食の不摂生、外傷、過労、運動不足など)がありますが、特に外因の寒・湿が大きく影響します。
では、代表的な証をあげてみます。

主証代表処方
◆湿熱証津液(水分)が停滞し、水湿の邪に変化したことで起こります。加えて熱性を持つと湿熱といいます。症状は、膝関節が赤く腫れる、灼熱感のある痛み、膝が動かしにくい、重く痛む、関節を冷やすと楽になる、尿が黄色く濁る、舌の色が紅い、舌苔が黄色く厚い、など。
(治則)「清熱化湿」・・・熱を冷まし、湿を取り除く治療です。
◆寒湿証水湿の邪に寒性をもったものです。症状は、膝関節が冷えて痛む、腫れる、気候の寒さや雨で痛みが強くなる、患部を温めると楽になる、舌の色は淡く白っぽい、舌苔は白く厚い、など。
(治則)「散寒化湿」・・・冷えをとり、湿を取り除く治療です。
◆肝腎陰虚証肝と腎は互いに協調し合っています。肝陰(血)が不足すれば腎陰(精=生命のエネルギー)も不足し、腎陰が不足すれば肝陰も不足します。
慢性病や肉体疲労、加齢(老化)により、両者のバランスが崩れ症状が現れます。
腎陰は脳・骨・髄を滋養する作用があり不足すると、筋骨が滋養されないため足腰がだるくなり、筋肉の萎縮が起こります。舌の色が紅く、裂紋がある、舌苔は薄くて白いか黄色く乾燥、など。
(治則)「滋養肝腎」・・・肝腎の精血を滋養して内熱を冷ます治療です。
◆脾腎陽虚証腎陽は陽気をつくる源で、全身の温煦作用(温める作用)を促進します。津液を蒸化し津液の代謝障害を抑制しています。また、津液を温めることによって水邪の氾濫や水湿の内停を防ぐ働きもあります。腎陽は脾陽を温煦し、脾の運化作用(消化・吸収・輸送)を助け、また、脾の運化作用によって腎精(生命エネルギー)が補充されます。慢性疾患、疲労倦怠などから水邪が長期間体内に停滞することによって腎陽虚(腎陽が不足)となり、これに脾陽虚が加わり症状が現れます。腰膝が軟弱無力となり冷えて痛みます。舌の色は淡く、舌苔は白く滑らか、など。
(治則)「温補脾腎」・・・腎を温めて脾を健全にする治療です。

【変形性膝関節症に用いる漢方薬】
―――――――――――――――

漢方ではお血、水毒によっておこると考え、それぞれの薬方を選んでいきます。よく使われるのが「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」、「越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」、「麻杏ヨク甘湯(まきょうよくかんとう)」、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「ヨク苡仁湯(よくいにんとう)」、「疎経活血湯(そけいかっけつとう)」などです。

防己黄耆湯は、体表に水毒が停滞して下肢の気血が巡らなくなり、冷え・のぼせがあり、多汗症で関節に痛みを伴う人が対象です。ぶくぶくした、いわゆる水太りタイプで疲れやすい虚証タイプによく用います。
この薬に含まれる防己(ぼうい)と蒼朮(そうじゅつ)には利尿鎮痛効果があり、黄耆には体表の水をとり皮膚の状態を良くする働きがあります。

越婢加朮湯は、発汗・口渇・尿量減少・浮腫などがみられ、発赤・腫脹などが著しい実証タイプの人に使用します。特に暑がりで、喉が渇き冷たい水を多く飲む人を対象にします。
比較的体力があり、関節の腫脹・疼痛あるいは筋肉痛があるときには、麻杏ヨク甘湯を用います。一般に腫脹・痛みは軽く、発汗傾向のある人に適しています。成分の一つであるヨク苡仁は筋肉の緊張をほぐし水毒を除いて鎮痛効果を表します。

桂枝茯苓丸は、お血を対象に使用します。体力が中程度で左右の下肢部に抵抗感・圧痛があり、一般に肌がやや黒味を帯びた人で肩こり・頭痛・めまい・のぼせで足冷えなどの症状があるときに用います。
古典には「お血より生じる諸病に活用すべし」と書かれています。この処方に含まれる牡丹皮(ぼたんぴ)と桃仁(とうにん)は血塊を除き、血液の流れを良くし、芍薬(しゃくやく)はうっ血を抑え筋肉の緊張を緩和し、痛みをとります。

体力が中程度で軽い冷えがあり、慢性の関節痛・筋肉痛にはヨク苡仁湯を用い、慢性関節リウマチの亜急性期・慢性期に入ったときによく使います。水毒的な要素と、駆お血的な作用を兼ね備えた薬です。

疎経活血湯は、体力が中程度で、特に腰から下肢にかけての筋肉・関節などに激しい痛みがある人に用います。冷えると悪くなる傾向があり、下肢部に抵抗感・圧痛があり、肌が黒味を帯びた人を対象とします。成分の当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川キュウ(せんきゅう)、地黄(じおう)、桃仁(とうにん)には下肢部の滞血をめぐらす作用が、牛膝(ごしつ)には腰脚の痛みを治す働きがあると考えられています。

このほか、腰部・下肢の脱力感・冷え・痛みに「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」を、腰部・下半身の衰え・排尿異常・口渇・足のほてりなどのある人には「八味地黄丸(はちみじおうがん)」を使用します。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する