腰痛

腰は重い上半身を一手に支える、まさに「要」の部分であり、それだけにトラブルが起きやすいと言えます。
腰痛のうち何らかの検査をしても原因が分からないものを、「腰痛症」と呼んでいます。

一方、腰痛は椎間板ヘルニアや骨粗しょう症などの骨の病気、腎臓や子宮の病気で起こることがあります。いつまでも痛みが和らがない場合、病院で診てもらうことをおすすめします。

【腰痛の原因】
―――――――――――――――

腰痛が起こる原因としては、 「姿勢の悪さ」 「激しい運動や労働」 「老化によるもの」 「内臓の病気」 「精神的ストレス」 「事故」 など、様々な原因が上げられます。

そのほか、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・脊椎分離症・骨粗しょう症・骨軟化症・骨髄腫・座骨神経痛・急性腎盂炎・卵管炎・子宮筋腫・子宮がん・腹部大動脈瘤(りゅう)・心身症・うつ病などもあります。

【中医学的に見た腰痛】
―――――――――――――――

漢方では腰のトラブルは、「腎」の働きの低下(「腎虚(じんきょ)」)や、「血(けつ)」や「水(すい)」の滞り、冷えなどと関係していると考えられています。

腎は腎臓のことだけではなく、泌尿器や生殖器の機能なども含めた働きを指します。
また血は血液とその働き、水は体液など血液以外の水分を示しています。
そしてこの腎や血、水に問題があると腰痛が起きる事があるため、腎や血、水の状態をよくする漢方薬を用いて、症状を改善していきます。

年配の方は、夜中の頻尿、排尿困難、冷え、下肢の痛みなどを伴うことから、腎虚が原因で腰痛が起きると考えられ、腎虚を改善する八味地黄丸や牛車腎気丸などが用いられることが多いようです。

一方、女性に多いのは「お血」による腰痛。冷えや生理に伴うトラブル(痛みや不快症状、不順など)を併せ持っている場合がよく見られます。そのためお血をとる桃核承気湯等を用いて治療を進めていきます。

さらに、ぎっくり腰などの急性の腰痛には、筋肉の緊張をとるとされる芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)でよい効果が得られることがあります。

漢方では、独特の「四診」と呼ばれる方法がとられます。
一見、腰痛とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、舌を診たりすることがありますが、これも原因を探るために必要なものです。

また、慢性的な病気の改善や体質改善を目的にする場合は、長期にわたる服用が必要となります。
忘れずに根気よく飲み続けることが、症状改善の最大の鍵となります。
もちろん、腰痛対策も併せて行っていきましょう。


TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する