敏感肌

敏感肌は、肌のターンオーバーが早くなり、未熟な皮膚が表面に出てしまった状態です。ターンオーバーが早くなったことでセラミドができず、バリア機能も低下しています。そのため、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうのです。
中医学では、この原因を2つ挙げています。1つ目は「陰虚火旺」といい、体の潤い分が不足して熟化した状態になること。2つ目は「気陰両虚」といって、潤い分が不足してバリア機能が落ちた状態です。

―――――――――――――――

●五臓はここをチェック
腎・脾・肝・肺

●漢方薬を使うなら
月経期=当帰飲子
卵胞期=婦宝当帰膠
黄体期前期=加味逍遥散合四物湯
黄体期後期=瀉火補腎丸
※必ず中医学の専門家に相談してから服用してください。

●こんな食物が改善の役に立ちます
潤いを与え、熱を取る大麦、菊花、きゅうり、桑の実、大根など。

●ワンポイントアドバイス
ストレスをためないようにしましょう。
また、夜更かしをしない。洗浄力の強い石鹸を使わないことも大切です。


★★爽肌精シリーズでスキンケア★★

「爽肌精モイスト洗顔フォーム」をしっかり泡立ててやさしく洗い、しっかり流しましょう。「爽肌精ローション」を顔と全身に手でつけた後、「爽肌精クリーム」を塗ります。乾燥が気になれば、「爽肌精ローション」を一度つけた後3分後くらいにもう一度つけるといいでしょう。「爽肌精クリーム」も重ね塗りが効果的です。

顔ツボマッサージに挑戦




TopPageへ戻る
お友達に教える
ヘルプを表示する