館内展示エリア

相模湾ゾーン


相模湾大水槽


世界に誇る相模湾
相模の海を知る事は世界の海を知る事。
暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂浜、干潟まで様々な生態環境を持つ相模湾は世界に類を見ない多様な生物の宝庫です。

地球が創り出した世界にも類をみないほど様々な環境がわたしたちのすぐ目の前に広がっています。
そこに生息する多様な生物たち。
そのひとつひとつの命の尊さをいつまでも大切にし、伝え続けることが“えのすい”の使命です。

季節来遊魚水槽、
海流マップ

相模湾は水深が非常に深いため、湾内にはいくつかの水が層状に入り込んでいます。
湾を構成する主要な水は3つあります。

岩礁水槽

岩礁水槽

ゆらめく海藻の森、そこにひそむ者のけはいを感じるでしょう。

川魚のジャンプ水槽
この水槽は、相模川でみられる魚たちの命の躍動する姿を再現しました。

相模の海の水槽群
実際に相模湾に存在する「干潟」「アマモ場」「逗子沖サンゴ」「流れ藻」の環境を再現しました。

相模湾キッズ水槽
自ら興味をもって楽しく観察できるよう一部に開閉式の覗き窓を設置した、えのすい初のキッズ向け展示水槽。

江の島の海中
江の島は周囲が約3kmほどの小さな島ですが、海岸線は性格の違う三つの場所に分けることができ、それぞれで見られる生物も異なります。

魚の食卓
マイワシの餌って何?魚たちが食べている餌の正体を拡大してご紹介します。

沿岸水槽
相模湾沿岸の深さに合わせ、そこにくらす多様な生物を紹介します。スロープに合わせてだんだん深くなっていく展示水槽は、リアルな相模湾を体感していただけます。

相模湾大水槽

マイワシ

8,000匹のイワシの大群が
銀色に輝き、うねり泳ぐ。

相模湾は国内でも有数のイワシの漁場として知られていますが、その生態は普段見ることが出来ません。
そんな海の中を再現し、銀色に輝きながらうねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群は最大の見所となっています。

相模湾大水槽の
ショーはコチラ >>>



館内展示エリアトップ
トップ|館内展示エリア|営業時間・料金・交通|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|体験学習プログラム|お泊りナイトツアー|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいeco|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved.