館内展示エリア

深海U〜しんかい2000〜


しんかい2000


相模湾の深海調査で活躍!
日本初の本格的な有人潜水調査船「しんかい2000」常設展示

「しんかい2000」はJAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の有人潜水調査船です。人が乗船して深海を調査するために作られた、日本初の本格的な潜水調査船で、深度2,000mまで潜航することができます。

1981年の完成後、1982年1月から2002年11月までの20年以上にわたって、1,411回の潜航を行い、数々の研究成果をもたらすと共に、日本の深海研究の飛躍的な発展に貢献しました。

特に、当館が隣接し、展示テーマとする相模湾での実績を多く残し、記念すべき初潜航(1982年1月)と最終潜航(2002年11月)が相模湾であるばかりか、最多の318回潜航し、深海調査などを行っています。

ここでは、「しんかい2000」の臨場感あふれる展示をはじめ、コックピットのようすや深海調査研究の歴史など、深海に関するリアルな情報をご紹介いたします。

「しんかい2000」概要

しんかい2000

[大きさ]
全長9.3m、幅3m、高さ2.9m
[重さ]
約24トン
[乗員数]
3名(パイロット2名、研究者1名)
[水中速力]
最大3ノット
[通常潜航時間]
7時間

「しんかい2000」の歴史と実績
◇1981年「しんかい2000」および専用支援母船「なつしま」完成

◇1982年 1月26日 第1回潜航実施(初潜航)相模湾 初島沖 訓練潜航(最大潜航深度20m)

◇1983年 7月22日 研究調査開始 初調査潜航 富山湾(水深80m)

◇1984年 相模湾伊豆半島熱川の東方沖合 水深1,270mで枕状溶岩を発見/相模湾初島沖の水深1,100mでシロウリガイの群集(コロニー)を発見

◇1990年 相模湾初島沖のシロウリガイ群集域で採集したチューブワーム(ハオリムシ)とシロウリガイから深海微生物を抽出し、陸上で培養を行う

◇1991年 (「しんかい6500」調査潜航開始)

◇2002年 11月11日 第1,411回潜航実施(最終潜航)相模湾 初島南東沖 訓練潜航(最大潜航深度1,220m)、1,411回潜航後運航休止

◇2004年 廃船

 「しんかい2000」
 DSガイドコンテンツが
 追加!

新江ノ島水族館では、ニンテンドーDSを持ってご来場いただくと「えのすい音声ガイド」をお楽しみいただけます。
2014年1月より、深海U〜しんかい2000〜でも音声ガイドをお楽しみいただけるようになりました。[詳しくは>>



館内展示エリアトップ
トップ|館内展示エリア|営業時間・料金・交通|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|体験学習プログラム|お泊りナイトツアー|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいeco|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved.