コラムバックナンバー一覧

[2.02]健介と高山、ステキすぎる男の友情

 どうも、『ナイタイスポーツ』で格闘技面と人妻・熟女面を担当しているマダムキラーJと申します。先日、サムライTVの番組『Versus』の収録として行なわれた佐々木健介と高山善廣の対談を取材してきました。シリアスな話と笑いが混同した2人のトークバトルをユーザーにお届け!

 三冠王者の佐々木健介と“帝王”高山善廣が1月28日、都内麻布のncvスタジオにて対談を行なった。サムライTVの番組『Versus』の収録として、2人の対談が実現。新日本プロレスvsUインターの対抗戦における初対決、G1での2度に渡る死闘、新日本マットで外敵フリー軍団として共闘…。何かと縁のある健介と高山は味わい深く、コクのあるトークを展開した。時には笑いも交えて…。
 2人の出会いは健介が新日本で血気盛んだった頃、高山がまだUインターの新弟子時代だった頃にさかのぼる。
「当時、Uインターの道場に健介さんが“アンちゃんいる?”とちょくちょく安生(洋二)さんを尋ねに来てたんで。こっちは“ウワッ、佐々木健介だ!”って驚きましたよ(笑)」(高山)
 新日本のリングにUWF勢やジャパンプロレス勢が上がっていた時代に、健介と安生は鎬を削っていたため、次第に関係が強くなっていったという。
 お互いの初対決(※96年3月26日、東京体育館/武藤敬司&佐々木健介vs安生洋二&高山善廣)に話が及ぶと、高山は「健介さんは当時革ジャンを着て、バイクで会場入りしてたんですけど、入場時にもその革ジャンを着てたんで驚きましたよ(笑)。オレのパートナーは安生さんで、相手は武藤さんと健介さんだから、オレだけレベルが違いましたね。だけど、そこで揉まれて得をしました」と懐かしんだ。これには健介も「新日本とUインターの殺伐とした対抗戦の雰囲気は、緊張感あったなあ」と回想。
 その後2人はG1クライマックス公式戦で2度シングルマッチを行なっているが(※02年8月5日、大阪府立体育会館大会は、健介が北斗ボムからの体固めで勝利し、04年8月8日、場所も同じく大阪府立体育会館大会では、高山が原爆固めでリベンジを果たす)、2度目の対戦の後、高山は脳梗塞で倒れ、長期欠場へ。この一戦について高山は「今だから言えるんですけど、大阪入りした時から体調悪かったんですよ。だから試合が終わった後、たしか健介さんに“ありがとう”って言ったと思うんですよね。勝ったことよりも、生きてることにホッとしました」と告白。これを聞いた健介も「そんな状態なのに激しい試合をやってくれて、オレは高山善廣を好きになったよね!プロレスラーというより、男として」と熱く語った。
 そして、2人にとって切っても切り離せないのは、高山の復帰戦(※06年7月16日、NOAH日本武道館/高山善廣&佐々木健介vs三沢光晴&秋山準)だろう。健介が左眼窩底骨折のケガを隠して戦っていた、あの試合だ。「やっと高山が帰ってくるのに“目をケガしたから休む”とは言えなかった。医者からは“失明するかもしれないよ?”と言われたけど、その時はそれでもいいや!と思っちゃったんだよね。試合中もロープが6本に見えたり…絶対バレちゃいけないと思った。ただのバカだよ(笑)」と健介が強行出場の理由を語ると、高山が「いや、とってもステキなバカです!」と絶妙(?)な返答をしてみせた。
 対談収録後の囲み取材では、2月11日後楽園ホールで開催される健介オフィス興行の8人タッグマッチ(佐々木健介&天龍源一郎&高山善廣&鈴木みのるvs川田利明&齋藤彰俊&大谷晋二郎&吉江豊)に質問が集中。これには高山が「健介さんと鈴木さんは危うい感じだし、天龍さんは勝手にやるし、カードが決まった時は“オレが貧乏クジ引いちゃった”と思いましたよ!メーンが締まらなかったら、埼玉の小雪さん(北斗晶)に怒られそう(笑)」とトバしまくる。「4人の中で誰を狙いますか?」という質問には、高山が「オレと(鈴木)みのるちゃんは川田利明になると思う。何となく嫌いだから(笑)」とまたまた暴走!健介も「オレは大谷(晋二郎)とやり合ってみたい。ゼロワンMAXの社長になったんでしょ?お祝いにチョップ1万連発ぐらいやらないと(笑)」と、気合をみなぎらせていた。
 男臭くて不器用で、自分の思いをストレートに語る健介。そんな健介を見て、照れくさそうに話を笑いの方向へ持っていこうとする高山。戦いを経て、争っていた両者がわかりあうというパターンは漫画やドラマでも使い古されているが、2人のトークに聞き入っていると、「そういうことって本当にあり得るんだな」という気持ちにさせられた。なお、この模様はサムライTVにて、2月10日(日)22時より初回放送をオンエア。「あの時は情に流されたんだろうね…。何ヶ月もプータローみたいな感じだった」と健介のテンションが一気に下がったWJ時代の話も聞けるぞ!

※昨年末にコラムに登場していただいた元チェキッ娘の久志麻理奈さんのインタビューが、現在発売中の『ナイタイスポーツ』に掲載されてます!ぜひご一読ください!!




<<Back  Next>>
コラムバックナンバー一覧トップ
(C)辰巳出版