コラムバックナンバー一覧

[3.01]週末の興行戦争は歌舞伎町にも飛び火!?

 どうも、『ナイタイスポーツ』で格闘技面と人妻・熟女面を担当しているマダムキラーJと申します。今週末のプロレス界は興行ラッシュですが、ユーザーのみなさんはどこに行くかもう決めてますか? まだ決めていない人は、「新宿バトルエイドvol.2」に足を運んでみてはいかがでしょう!? プロレスあり、異種格闘技戦あり、ダンスショーあり…同大会の見所をレクチャー!

“福祉と格闘技と異文化交流戦”と銘打たれたチャリティーイベント「新宿バトルエイドvol.2」が3月2日、新宿歌舞伎町の風林会館5Fバトルエイドミュージアムで開催される。前回vol.1の模様は、昨年11月の同コラムでもお伝えしたが、今回は昼の部(13時〜15時)、夜の部(18時〜)という二部構成になっており、主催者側も相当気合が入っている。
 昼の部は何とプロレスラーの戸井克成がプロデュース!メーンはノーリングストリートファイト歌舞伎町デスマッチ時間無制限一本勝負/戸井克成&ワイルドアイスマンvs空手マミー&長瀬館長、セミは紅闘志也(くれないとしや)vs高橋宏幸のキックボクシング対空手異種格闘技戦というカードになっている。
 ちなみに紅闘志也とは、かつて新日本キックで活躍した中川タカシのこと。往年のキックボクシング漫画『紅の挑戦者(チャレンジャー)』の主人公の名前をあやかっているのだ。中川は昨年、リングネーム使用のため、同作品の原作者である故・梶原一騎の実弟、真樹日佐夫から許可を得たのだとか。
 さらには障害者プロレスドッグレッグス提供試合として、鶴園誠vs虫けらゴロー、サンボ慎太郎vsゴッドファーザーの2試合も。ここではぜひドッグレッグス無差別級チャンピオンの鶴園の強さ、そして、みちのくプロレスで活躍するフジタ“Jr”ハヤトの父親であるゴッドファーザーがどんな闘いを見せるのかに注目していただきたい。
 前回の取材で私は初めて障害者プロレスを目の当たりにしたのだが、これが意外にも迫力があるのだ。また、試合中にも実況の声が場内に聴こえるようになっており、いろいろと趣向が凝らしてあるのも見所の一つ。その他、大道芸や殺陣、格闘技寸劇も行なわれ、バラエティに富んだ内容となっている。
 夜の部は歌舞伎町にジムを構えるAXKICKがプロデュース。メーンは戸井克成&空手マミーvs長瀬館長&JOMのノーリングストリートファイト歌舞伎町デスマッチ、セミは先日、“キックボクサー”を引退した新田明臣が登場!ひでりんと組み、紅闘志也&RIKIYAとの“キックボクシングタッグマッチ”に挑む。あれ?新田ってキックは引退したんじゃ…。
 それはさておき、夜の部では中国武術やダンス、さらにはアクション女優によるポールダンスまで!ちなみに昼の部、夜の部両方でも“伝説の殴られ屋”晴留屋明がパフォーマンスを披露。3月1日(土)は全日本プロレス両国大会、3月2日(日)はNOAH武道館大会、ゼロワンMAX後楽園大会と、今週末は興行ラッシュだが、歌舞伎町に足を運んでみるのも悪くないかも!?




<<Back  Next>>
コラムバックナンバー一覧トップ
(C)辰巳出版