[水]ドクトル・ルチャの19○○ぼやき旅

[8.29]マサノブ・クリスが殴り込むぜ

 ありがたいことに日曜日のトークショーは大盛況だった。正直な話、今回、来ていただいたお客さんが私にとって今まで37回で最高の方たちだと思った。なぜならば、ゲストのレスラーや関係者もいない、私一人という状況で「ゴングが好きだった」と言って、こんなにもたくさん集まってもらえたのだから、正直、涙もの。「ゴングの神通力はまだ残っている。隠れ信者はまだいる」と確信した。本当に感謝したい。今回は創刊前夜から70年代いっぱいあたりでタイムアップになってしまった。私はまだ入社していないところで時間切れ。だからすぐに続編をやることにした。その時にそれ以降のゴング秘話をしたいと思う。


※隠れ信者のみなさんへ、ゴングは踏むなよ。

 終わってみれば今回、話損なった部分もいっぱいあった。創刊1968年の黄金時代の背景、72年にゴングの売り上げが落ち込んだ裏話、私がゴング編集部に遊びに行った話、毎月ゴング編集部まで発売日前の本を買いに行った話…そんなことを含めて、次回は私が編集に携わる80年代のゴングをたっぷり話せればいいなと思う。早ければ10月6日(土)の昼…これは会場のキャンセル待ち、次が12月1日(土)の昼…こっちは仮押さえ。どちらかの日に決まり次第、このコラムで報告します。詳細は次号GスピリッツVol.49で発表(9月27日発売予定)。

 今回、私が着ていたTシャツが盟友クリスチャン・シメット主催『EXPO MUSEO LUCHA LIBRE』のオフィシャルもの。来る9月14、15、16日の3日間、メキシコシティの「ワールド・トレード・センター」においてクリスチャンコレクションによる万博が開催される。コミッション・デ・ルチャ・リブレ、CMLLとの完全タイアップで、協賛各社のもと開催される大がかりなイベントで、私もご招待でメキシコ行ってきま〜す。そして現地でメキシコ出張版の「ビバ・ラ・ルチャ」のトークショーもやります(誰がゲストかはまだ内緒。2回くらいやるかも…。見たい人はちょっと遠いけど、来てね)。


※クリスチャン・シメットの博覧会は凄いぞ。

 14日はアレナ・メヒコが85周年のアニベルサリオで、15日にはCMLLの選手が会場に大挙やってきて特設リングで数試合をする。6月に大阪のあべのハルカスでの昼食でブッキングしたマサノブ・クリスが40年ぶりに渡墨し、ベテランだけのレジェンド8人タッグマッチに出場する。もうカードは決まっているようだけど、正式発表まではシークレットにしておこう(チラッと耳にしたけど、なかなかすごいメンバーだよ)。

 栗栖さんは当時UWAの選手だったけど、EMLLとの対抗戦のルードの切り込み隊長として敵地アレナ・メヒコに3週連続で出場している。最初が80年2月15日。ミル・マスカラス&グラン浜田&サトル・サヤマvsマサノブ・クリス&サングレ・チカナ&グラン・マルクス。翌週22日はサヤマ&リンゴ・メンドーサ&エル・ファラオvs栗栖&アルフォンソ・ダンテス&チカナ。ここで栗栖さんはダンテスと仲間割れ。「あいつとは控室まで追っ掛けて喧嘩したよ」と後に証言している。これで翌週29日はダンテスの持つNWA世界ライトヘビー級王座に挑戦している。私が「アレナ・メヒコ最強のカード」と称賛する大会だ。

 メインはカト・ンク・リーvsロレンス・デ・アラビアvsエル・スプレモの三つ巴マスカラ戦。これはマスカラ戦だから仕方ない。セミがそのダンテスvs栗栖の選手権で、セミ前が何とアンドレ&マスカラスのタッグ、さらにその前がサヤマvsチカナのNWA世界ミドル級選手権。リンゴ、ファラオン、サタニコらはさらにその前だ。栗栖さんがそんな超強力カードのセミを張ったというわけ。当時を知るCMLLの選手・関係者たちの間では「えっ、あのクリスが来るのか!」と戦々恐々(?)裏でかなり話題になっているようだ。

 メキシコへ行く前に溜まった仕事を片付けなければならないので、今日はこの辺で…と言いたいが、最後に一言。9月9日の闘道館(14時〜)で流智美氏、小佐野景浩氏と一緒にトークイベントをやります。『激論!日本人レスラー史上ベスト20!』。これは昭和デビューの日本人レスラーの中から20傑を3人がそれぞれに選ぶという趣向。そして三者で討論を展開するという形式のイベントだ。私も入魂で20人を選出するぞ。

 それから師匠に当たる竹内宏介さん、師匠の師匠にあたる櫻井康雄さん、菊池孝さんの選ぶベスト10も、僭越ながら私が選ばせてもらいます。それらも含めて当日、ご披露します。ご期待ください。ということで、メキシコ遠征前に楽しく激しい討論会にしたいと思う。メキシコのイベントに来られない方たちは是非、こちらにお越しください。


※次なるイベントはこれだ!集まるべし。






(C)辰巳出版