[終了]みんなのプロレス検定ドリル

【Q366】
“レジェンド”ケン・シャムロックの初来日が全日本プロレスなのは有名な話。1989年9月、シャムロックは、全日本での初のシングルマッチをフロント・スープレックスからの体固めで勝利している。その相手とは?

【Q367】
 1978年11月、新日本プロレス『プレ日本選手権』の予選リーグ戦で、上田馬之助が山本小鉄と激突し、わずか2分9秒で馬之助が圧勝した。勝利の呼び水となった、馬之助の反則攻撃はなに?

【Q368】
 佐々木健介と鈴木みのるが新日本プロレスに所属していた時代に実現したシングルマッチは全部で9試合。まだ20代前半だった2人は、前座で熱い戦いを繰り広げていた。では、その戦績は?

【Q369】
 1984年10月にデビューし、コヨーテ、テキサス・スコット、ダイアモンド・スタッドなどの名で活躍していた選手とは誰?

【Q370】
 1958年8月のロサンゼルスにおける力道山vsルー・テーズ戦や、1976年6月のアントニオ猪木vsモハメド・アリ戦をレフェリーとして裁いた、“青い目の三四郎”とも呼ばれた柔道出身のガイジンレスラーは誰?

※答えはページ下段へ











【A366】鶴見五郎
【A367】脳天へのビール瓶攻撃
【A368】健介の9勝0敗
【A369】スコット・ホール
【A370】ジン・ラーベル




<<Back  Next>>
[終了]みんなのプロレス検定ドリルトップ
(C)辰巳出版