[終了]みんなのプロレス検定ドリル

【Q421】
 アントニオ猪木が天龍源一郎に敗れた1994年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会で、スタイナー兄弟が1年振りの参戦を果たす。対戦相手は武藤敬司&馳浩。スコットは従来のプロレスにはなかった危険技で馳に大ダメージを与えたのだが、あまりのショックに会場が凍り付いた。初公開のため当時は名前がなかったその技とは?

【Q422】
 1992年5月8日、UWFインターナショナル横浜アリーナ大会で、往年の名レスラーのエキシビションマッチが実現。オールドファンを喜ばせた。当時、合計 105歳だった、その二人とは誰と誰?

【Q423】
 1995年8月29日のWAR静岡大会で冬木弘道と嵐が一騎討ち。冬木は敗者に対し理不尽なペナルティーを課し、嵐は試合に敗れ、それを9月6日に実行したのだった。その過酷な内容とは?

【Q424】
 力道山の四股名の由来には諸説あるが、二所ノ関部屋に飾られた“力心一道”に因んだという一説が有力だ。では、その言葉を揮毫したのは誰?

【Q425】
 1993年4月6日の新日本プロレス両国国技館に、アントニオ猪木の盟友が来場。久々に日本のリングに足を踏み入れると、感激のあまり涙を浮かべた。BIとも名勝負を繰り広げた、その人物とは?

※答えはページ下段へ










【A421】SSD(スタイナー・スクリュー・ドライバー)
【A422】ビル・ロビンソンとニック・ボックウィンクル
【A423】橋から隅田川へダイブ
【A424】近衛文麿
【A425】大木金太郎




<<Back  Next>>
[終了]みんなのプロレス検定ドリルトップ
(C)辰巳出版